ウェーブス:WVSコインについて知っておくべきことのすべて

ウェーブスは、ユーザーが黄金、米ドル、またはユーザーが必要とするその他のアイテムなどのさまざまな資産をトークン化できるようにする分散型プラットフォームを構築することを目指しています。その機能性と分散化の範囲を拡大する可能性を持っているため、ウェーブスは指数関数的成長を遂げ、2017年に時価総額においては11番目に価値のある仮想通貨となっています。

ウェーブスの作成者がネットワークを作成したとき、ブロックチェーンテクノロジーの大規模な採用を支援するために、イーサリアムよりユーザーフレンドリーなバージョンを作成することを目的としています。このプラットフォームは2016年に発行され、スマートコントラクトと分散型アプリケーションの実行もサポートします。

機能性と利便性を向上させるために、ウェーブスプラットフォームは2020年に、システムがイーサリアムと相互運用可能に動作することを発表しました。また、ウェーブス仮想通貨(WVS)もERC-20アセットとしてリリースされました。

ウェーブスコインは主にどのような問題に対処しているか?

ウェーブスの主な目標は、デジタル資産に関する技術的な障壁を取り除くことです。なぜなら、人々はこの概念を深く研究することはできないからです。初心者にとって、独自のトークンを持つという理念を実現するには、プログラミングとプロトコルの面倒なプロセスが必要です。

ウェーブスは、人々がご自分で仮想通貨の厄介な部分を掘り下げる必要なしに、自分のトークンを簡単に利用できるようにするプラットフォームを作成することを目指しています。平均して、ウェーブスプラットフォームを利用する場合は、わずか5分でカスタムする資産を完了できます。このため、クラウドファンディングやICOにも適合しています。

ウェーブス仮想通貨:知っておくべき主な機能

「Waves-NG」プロトコル

ウェーブスネットワークは、コーネル大学のプログラマーによって開発されたビットコインNGプロトコルに次ぐ次世代プロトコルを利用しています。

このコンセンサスプロトコルを通じて、発行以来暗号分野を悩ませてきたスケーラビリティの問題をうまく解決できます。効率的に行うために、ウェーブスはアルゴリズムのモデルを利用してプルーフオブステーク(PoS)システムに導入させました。

ウェーブスのバージョンでは、NGプロトコルを使用すると、ビットコインよりも生産性が高くなっています。なぜなら、ノードを2つの層に分割し、暗号の転送の処理がより簡単かつ高速になるからです。

なお、キーブロックとマイクロブロックを活用し、より効率的なトランザクションプロセスを可能にします。ウェーブスのPoSプロトコルでは、マイナーノードはキーブロックを作成する権利を付与する必要があります。キーブロックにはトランザクション情報は残されません。代わりに、ノードにマイクロブロックを作成するための信号を付与するコインベース情報が含まれます。

元帳の単一のマイクロブロックは、キーブロックの情報を持つノードによって表示されるさまざまなトランザクションで構成されていますその後、ノードはトランザクションをマイクロブロックに追加し、ネットワーク署名に情報を送信し、秘密鍵を使用して転送を検証します。

このプロセスは、ネットワークに新しい情報ブロックを生成するために新しいノードが採用されるまで継続します。新しいブロックが採用されると、既存のブロックがマイクロブロックと結合し、チェーンに追加される新しいデータセットを作成します。

ウェーブスブロックチェーン上の2種類のノード

フルノード

ウェーブスネットワークのフルノードは、ネットワークの第1層ノードです。通常、これらはトランザクションを検証してから、新しいデータブロックをチェーンに追加するノードです。ブロックチェーンでフルノードを実行できるのは、最大1,000のWVSの資産を賭けることができるユーザーのみです。

軽量ノード

フルノードの他に、ウェーブスネットワークは、暗号トランザクションを処理するネットワークをよりスケーラブルにする軽量ノードも採用します。

フルノードとの違いは、ブロックチェーンから大量の情報をダウンロードするプロセスが不要するため、迅速に行うことです。代わりに、フルノードのバリデーターからのシグナルと検証に依存します。

スマートコントラクト

ウェーブスネットワークでは、いくつかの機能を備えたスマートコントラクトを実行できます。これは、4つの異なる概念に分類します:

  • マルチシグウォレット
  • アトミックスワップ
  • トークンフリーズ
  • 分散型アプリケーション。

ゲートウェイ

多くのフラットゲートウェイを提供することはウェーブスの便利な機能の1つです。これにより、ウェーブス仮想通貨ユーザーは米ドルまたはユーロで入送金することはできます。

カスタムアプリケーショントークン(CAT)

ウェーブスの核心として、ユーザーがネットワークで暗号コインを作成するために利用できるカスタムアプリケーショントークン(CAT)を備えています。目的に応じて、ユーザーはそれらの資産をトークン化して売却できます。

PC、Android、iOSデバイスで実行できるLiteクライアントからこの機能にアクセスできます。さらに、ユーザーはウェーブスネットワークを使って、手間をかけずに個人トークンを発行、配分、取引できます。

リースプルーフオブステーク(LPoS)

ウェーブスネットワークは、ネットワークのセキュリティを強化するリースプルーフオブステーク(LPoS)と呼ばれる特別なコンセンサスメカニズムを活用しています。LPoSは、POSのいくつかの特徴を活用し、ネットワークをより堅牢でスケーラビリテイを高める新しい機能を追加します。

Waves DEX

ウェーブス分散型取引所(DEX)は、世界で最も高速な暗号プラットフォームの1つです。この新しいプラットフォームでは、ユーザーは簡単に独自のトークンを作成し、わずか数秒で他の仮想通貨や法定通貨と交換できます。

なお、ユーザーは面倒なプログラミングを実行することなく、Waveをベースにしたトークンを簡単に取引できます。こうするように、ネットワーク上の他のトークンを簡単にアクセスし、発行できます。

賭け金

エネルギーを消費するプルーフオブワークコンセンサスを利用するのではなく、チェーン内のノードはプルーフオブステークプロトコルを用いります。

ネットワークのノードになるために、ユーザーはネットワークに最低1,000個のトークンを賭ける必要があります。その後、ノードはチェーン内に大量のトークンを預けます。ステーキングプロトコルは、ユーザーがネットワーク内で違法行為を行った場合に、トークンが大幅に削減する権限も持っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です