Invest in crypto reap the benefits

仮想通貨ガイド:メリットと投資方法について解説

投資を始める前に、仮想通貨のメリットについて学んでおくことが大切です。ビットコイン(BTC)、イーサ(ETH)、ライトコイン(LTC)などの人気のある仮想通貨を購入する際に、どんな利益が期待できるのかを知ることができます

仮想通貨サイト「CoinMarketCap」によると、仮想通貨は記事執筆時点で最大917億2000万ドルもの取引額に達しています。つまり、仮想通貨について学び始めるには、いまがこれ以上ないチャンスなのです。この機会に、仮想通貨が最高のデジタル資産と呼ばれる理由を知っておきましょう。

仮想通貨の知っておくべきメリット

仮想通貨がいま、投資家たちの間で人気なのは以下のような理由からです。

分散型システムを採用している

仮想通貨は不換紙幣とは異なり、中央の組織や金融機関に支配されない分散型のシステムを持っています。また、分散型であるということは、特定の国の経済変動の影響を受けないということでもあります。

さらに、自分以外に資金を管理する機関がないため、資産管理に制限がありません。これにより、銀行の利用者が直面するお役所仕事などの手間を省くことができます。

高速な取引

仮想通貨の取引は、銀行送金に比べて高速です。P2Pのプロセスにより、場所を問わず他の人に簡単にお金を送ったり受け取ったりすることができます。ショッピングやオンラインゲーム、特に国境を越えた取引には効率的です。

手数料が安い

ビットコインのような仮想通貨は、送金額にかかわらず最小限の手数料しかかからないのが大きなメリットです。中間業者や仲介者が必要ないため、コストが大幅に削減されます。従来の銀行に比べて、仮想通貨を使うことで多額の手数料を払わずに済むのです。

顧客情報とコインが守られている

サイバースペースでは、金銭的な取引に関しては特に、オンラインでのセキュリティが重要となってきます。仮想通貨は、ブロックチェーン技術の使用により個人情報が守られており、暗号化することですべての取引を安全に行うことができます。

複雑なネットワークを持つコンピューターがシステムを管理しているため、ブロックチェーンへのハッキングは事実上不可能です。また、ブロックチェーンには取引のデータがすべて記録されており、一度記録されたものは変更することができません。

さらに、顧客の資金が保管されている仮想通貨ウォレットでは、顧客のコインとデータを保護するための追加レイヤーとして、2要素認証プロセスが必要となります。これには、所有者しかアクセスできないプライベートキーも含まれます。

簡単に使える

最近では、仮想通貨が主流となり、ユーザーにとってより身近なものとなりました。より多くの企業や機関が支払い方法に取り入れることで、ユーザーは日常的な取引に利用するだけでなく、長期的な投資もできるようになりました。

仮想通貨か不換紙幣:どちらが良いか?

オンラインでの取引は、仮想通貨または不換紙幣を使用して行うことができますが、この2つの通貨はそれぞれ異なる仕組みになっています。以下の表で、仮想通貨が一般的な不換紙幣の取引と何が違うのかを確認してみましょう。

仮想通貨 不換紙幣
分散型 中央集権型
情報は一般の人がアクセスできるデジタル台帳に保管される データは、銀行のみが利用できるプライベートサーバーに保管される
顧客が自分で資金管理を行う 銀行が顧客の資金管理を行う
匿名性 個人認証が必要
手数料は最低限のみ すべての取引において、高い銀行手数料が必要
高速で簡単な取引が可能 国境を越えた取引には数営業日かかる

仮想通貨の投資入門

仮想通貨への投資に関しては、「どこで買うか」と「どのように保管するか」という2つの重要なことを知っておく必要があります。以下でその詳細を確認してみましょう。

仮想通貨の購入場所

市場での仮想通貨の推移が好調なため、現在では簡単に仮想通貨を購入できるようになっています。購入場所は、以下のようなプラットフォームから選ぶことができます。

  • 取引所サイト

取引所サイトは、買い手と売り手が仮想通貨やその他のデジタル資産を取引するためのプラットフォームです。多くの場合、買い手と売り手の間の仲介者として機能します。追加手数料は、利用している特定のサイトによって異なります。例えばBinanceでは、ユーザーは取引ごとに0.1%の手数料を請求されます。他にも、Coinbase ProやTradeStationなどの取引所サイトを利用することができます。

  • ブローカーサイト

取引所サイトに比べて、ブローカーサイトではコインをすぐに購入できるので初心者に適しています。また、取引所サイトよりもブローカーサイトのほうが、入出金がしやすくなっています。これは、取引所サイトが多くの不換紙幣を取引に受け入れないのに対し、ブローカーサイトは入金方法の選択肢が豊富だからです。最も人気のある仮想通貨のブローカーサイトは、Coinbase、Coinmama、Geminiです。

  • P2Pマーケットプレイス

ピアツーピア(P2P)マーケットプレイスは、仮想通貨を直接売買するための優れたオンラインプラットフォームです。購入時の手数料を設定する販売者とつながることができます。Localbitcoins、Bisq、Paxfulなどがその例です。

  • 決済アプリ

決済アプリは、仮想通貨を売買するのに便利な方法です。P2Pマーケットプレイスと同様に、販売者と直接つながることができます。ただし、Paypal(米国内)、Cash App、Venmoなどのモバイルアプリを使用する点が大きく異なる点です。

仮想通貨の保管方法

仮想通貨を購入した後は、ウォレットに保管する必要があります。これは、ブロックチェーンネットワークと同じ安全な暗号方式で動作します。さらに、随時閲覧して現在の残高を知ることができます。仮想通貨ウォレットには、主にソフトウェアウォレットとハードウェアウォレットの2種類があります。

ホットウォレットとも呼ばれるソフトウェアウォレットでは、仮想通貨をオンラインで保管することができ、アクティブなトレーダーに最適です。一方、ハードウェアウォレット(コールドウォレット)は、オンラインの脅威から逃れてオフラインで資金を保管するためより安全性が高く、仮想通貨への長期投資を計画している方にも最適です。

仮想通貨取引に挑戦し、そのメリットを最大限に活かしましょう

BTC、ETHなどのさまざまな仮想通貨に投資して、仮想通貨コミュニティの一員になりましょう。これらは、より迅速で透明性の高い取引や、長い目で見れば潜在的な利益を得られるなど、メリットが豊富な優れたデジタル資産です。今すぐ取引を始めてみましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です