forking banner image crypto

仮想通貨におけるフォークについて知っておくべきすべてのこと

仮想通貨は、21世紀における最も革命的な技術的進歩の一つです。この斬新な技術をさらに普及させたのは、手数料や取引処理にかかる時間の短縮に貢献した第三者の存在を排除する非中央集権的な性質です。そしてこれを可能にしたのが、ブロックチェーンです。

ブロックチェーンは、世界中に散らばるさまざまなノードによって管理される自律的なプラットフォームです。彼らは、Proof-of-workやProof-of-stakeといった様々な合意形成メカニズムを通じて、処理、検証、ネットワークの維持を行っています。このコミュニティ内の人々が意見の相違を生じた場合、ブロックチェーンの機能を維持するために解決策を実行する必要があります。そこで登場するのがフォークです。

このコンセプトが何なのか、興味はありませんか?Cryptoshimbunでは、この概念についてすべて学ぶことができます。

ブロックチェーンにおけるフォークとは? 

フォークとは、ブロックチェーンにおいてプロトコルを変更する際に発生するものです。マイナーと開発者がブロックチェーンネットワークの新しいバージョンに合意できないとき、分裂が起こります。これにより、ネットワーク本来の機能を維持しつつ、新しいプラットフォームで機能をいじりたい人たちによる変更が可能になります。この一般的な例として、ビットコインキャッシュがあります。 

さまざまなフォークの種類

仮想通貨のフォークは、ソフトフォークとハードフォークに分類されます。ここでは、それぞれの仕組みを理解するために、その内訳を説明します。

ハードフォーク

ハードフォークは、ネットワーク上のすべてのバリデータが新しいバージョンへのアップグレードを強制されたときに発生し、以前の取引やブロックが無効になる可能性があります。ブロックチェーンの最新バージョンはネットワークの残りの部分から永久に分離され、その結果、ネットワークは分裂し、2つの異なるバージョンが同時に運用されることになります。

ソフトフォーク 

ソフトフォークは、ソフトウェアのアップグレードがその前のバージョンと後方互換性がある場合に発生します。このアップデートの間、ネットワークでは最初に有効だったトランザクションだけが無効になります。ソフトフォークを実行するには、ネットワークのメンバーの過半数が更新を受ける必要があります。 

ハードフォークとソフトフォーク:どちらが良いのか?

仮想通貨の世界では、ハードフォークとソフトフォークの両方が重要な役割を担っています。どちらも、台帳の機能を維持するためのさまざまな活動に必要です。開発コミュニティやマイニングコミュニティは、セキュリティやプライバシーに関する懸念の違いから、ハードフォークの確立を推し進めることが多いようです。一方、ソフトフォークは、ブロックチェーンのコア属性を変えずに新機能を追加することを可能にします。

あるブロックチェーンの改善目標に応じて、ソフトフォークとハードフォークの両方がそれなりに適しています。トランザクションに大きな変更を加えずにマイナーアップデートを行う場合、ソフトフォークは最適な選択肢です。しかし、より大きな調整を求めている台帳には、ハードフォークが答えとなります。 

歴史上最も有名なフォーク

仮想通貨の歴史の中で、いくつかのフォークが行われました。以下は、最近の歴史の中で最も注目される仮想通貨フォークをリストアップしたものです。

ビットコイン

フォークといえば、ビットコインが最も多くの変化を遂げた仮想通貨でしょう。2009年に世界のデジタルゴールドがリリースされたとき、スケーラビリティや高い手数料など多くの問題に直面しました。このため、2015年に「ビットコインXT」が実装されました。機能性を高めるため、ブロックチェーンのサイズを8MBにアップグレードし、24秒に7ブロック以上処理できるようにしました。

その成功にもかかわらず、マイナーたちがブロックチェーンから離れたため、ビットコインXTはすぐに姿を消しました。その後すぐに、ビットコインクラシックが登場し、ビットコインクラシックトークンが誕生しました。

ビットコインクラシックに続いてビットコインキャッシュが登場し、仮想通貨業界で最も人気のあるフォークの1つとなっています。Roger Ver氏のような影響力のある人々がこの事業を支持しました。さらに、Krakenのような取引所もこの新しい分裂に好意的であることを示しました。 

イーサリアムクラシックフォーク

2017年、ある分散型自律組織(DAO)がイーサリアム(ETH)で約1億5千万ドルを調達しました。このDAOは、プログラミングの不備によりハッキングされました。

ハッカーは相当量のETHを送金し、それをDAOのスマートコントラクトに「返却してもらう」ことができたのです。これは再帰呼び出しの脆弱性で、修正されることはありませんでした。しかし、すべての参加者が盗まれた金銭の払い戻しに同意したわけではありません。その結果、ネットワークはイーサリアムとイーサリアムクラシックの2つに分裂しました。

SegWit

ビットコインコミュニティは、各仮想通貨ブロックにより多くの取引が収まるようにするため、隔離された署名領域(SegWit)技術を構築しました。ソフトフォークの一例として、SegWitは1つのブロックに格納しなければならないデータ量を最小限に抑えます。ブロックにエンコードされる代わりに、各取引に関連する公開鍵と署名が、取引の一部として別のメッセージチャネルに配信されます。

モネロ 

プライバシートークンに関して言えば、モネロは仮想通貨市場のトップです。ネットワークにおけるいくつかの問題に対処するため、ブロックチェーン、特にブロック1529810で大きな変更を行い、すぐにMonero Vへの道を開きました。ネットワークのこの大きな更新は、新しいプロトコルによって普及したスケーラビリティなどの問題に対処することを目的としたものです。セキュリティの向上を求めるユーザーは、このトークンが自分の好みに合っていることが分かるでしょう。 

ライトコイン

ライトコインは初期のトークンの1つで、フォークされライトコインキャッシュ(LCC)が作られました。しかし、アップグレードの枠組みが曖昧だったため、市場ではあまり人気を集めませんでした。 

フォークの未来と仮想通貨業界がどう変わるか

仮想通貨のフォークは、フィンテックの革新的で継続的な発展を示しています。フォークは一部の人に変化をもたらす可能性がありますが、資産を運用する際にユーザーに多くの選択肢を提供します。

さらに、デジタル通貨の成長をさらに促進し、世界中でその採用を加速させることができる、より多くのソリューションと潜在的なアイデアを提供することになるのです。

Cryptoshimbunでは、仮想通貨についてもっと学び、ブロックチェーン分野の最新情報を入手することができます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。