uk plans banenr image crypto image

英国は仮想通貨産業の世界的なハブになることを計画

英国政府は2022年4月4日、世界中のデジタル資産企業を惹きつける一連の取り組みを明言し、暗号資産技術と投資の世界的ハブとなる計画を発表しました。これには、ステーブルコイン規制の提案や、暗号資産エンゲージメントグループの設立、ロイヤルミントNFTの設立が含まれます。

「私たちは、明日のビジネス、そしてそれが生み出す雇用をここ英国で見たいと考えており、効果的に規制することで、彼らが長期的に考え、投資するのに必要な自信を与えることができます。これは、英国の金融サービス業界が常にテクノロジーとイノベーションの最前線にいることを確実にするための計画の一部です」と、リシ・スナック財務相はプレスリリースで述べています。

仮想通貨産業に対する同国の厳しい規制措置にもかかわらず、これは斬新な技術に対する英国の支持を示す、圧倒的に目立つメッセージです。City ministeのジョン・グレン氏は、政府が仮想通貨が経済にもたらすかもしれない可能性に気づいていることを表明し、この問題に対して中立的なアプローチを維持するという確証を得ました。

英国政府は、分散型台帳技術(DLT)を通じて国債を発行する可能性についてもオープンな姿勢を示しています。グレン氏によると、リシ・スナック財務相はすでに今年の夏に王立造幣局にNFTを作る権限を与えているとのことです。

「これは、私たちが決意した前向きなアプローチの象徴となり、まもなく詳細が明らかになるでしょう」と、グレン氏は基調講演で述べました。

さらに財務省は、仮想通貨を税制の枠組みにうまく適合させるため、英国の税制を変更することを目指しています。彼らは、ステーキングと分散型金融ローンを巡る懸念に対処するとともに、ファンドマネージャーが仮想通貨をポートフォリオに追加することを奨励する投資マネージャー免除を強化する予定です。

この発表は、金融行動監視機構(FCA)が国内で営業する仮想通貨企業の一時登録を延長したことに端を発しています。英国の規制当局のグループは、イングランド銀行とともに、同国の規制スキーム内に安定コインを含めることの評価も開始しました。仮想通貨の最新情報と仮想通貨ニュースについては、ここCryptoshimbunでお楽しみください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です