banner knowlege post

CryptoShimbun:仮想通貨とその仕組み

仮想通貨またはデジタル資産は、近代における最新のイノベーションの1つです。世界が急速にデジタル時代に突入すると共に、仮想通貨はテクノロジーの成長をさらに推進しています。以前は、銀行や決済センターで並んで取引を決済していましたが、今では数回クリックするだけで、費用対効果が高く、手間のかからない方式でこれらの事項を行うことができます。

2008年に、最初の仮想通貨であるビットコインが世に出ました。匿名の人物のサトシ ナカモトによって書かれたビットコインの白書には、銀行および金融分野におけるデジタル革命を引き起こしたすべての情報が記載されています。

この驚くほどの発明の背後にある思想は、世界が慣れている従来の銀行システムにカウンターカルチャーを導入しました。そのピアツーピアの概念により、仲介業者からの検証を必要とせずに、相互間のシームレスな決済流れが可能になります。この独創的なアイデアにより、高額な手数料と官僚的形式主義が不要です。

デジタル資産についての詳細を知りたい場合は、仮想通貨の仕組みに関する基本的な概念をご覧ください。

仮想通貨とは何か?

仮想通貨とは、「ブロックチェーン」と呼ばれるプラットフォームで実行されるデジタル資産です。このネットワーク内で、暗号化技術はノード間の情報交換を処理します。コードとハッシュのウォールがブロックチェーンを保護しているため、仮想通貨取引をハッキングすることはほとんど不可能です。

取引に関するすべての情報は、ユーザーがいつでもアクセスできる公開元帳に保存されています。

「採掘」と呼ばれるプロセスを通じて、仮想通貨で使用される「コイン」を作成します。これは、トークンを生成する複雑なアルゴリズムを解決するための高性能コンピューターの活用に関わっています。これを行う人々は「採掘者」と呼ばれています。

ブロックチェーンは一種の分散型プラットフォームです。誰もその中に保存されている情報を変更することはできません。さらに、この個人情報台帳を所有している人はいないため、法律、税金、政府の干渉を受けないこととなります。

どのように取引を検証しますか?

仮想通貨取引を検証する前に、ブロックチェーン採掘者は確認しなければなりません。取引が検証されると、詳細は永続データとしてブロックチェーンに保存されています。

上記のように、採掘者が高度なプロセッサーを使用しているため、暗号取引が可能です。ネットワークはオープンソースであるため、誰もが採掘者になることができます。取引が終了した後、採掘者はそれを元帳に追加して「ブロック」を作成します。このプロセスは「プルーフオブワークシステム」と呼ばれています。

採掘者がブロックを処理するたびに、対応する報酬を得て、ブロックチェーンによって異なります。たとえば、BTC採掘者は、自分の努力を通じて12.5BTCの報酬を受け取ります。

仮想通貨をどこで保存するか

通常の法定通貨とは異なり、デジタル資産は通常のウォレットに保管できません。ユーザーの種類に応じて、さまざまなウォレットが選択可能です。仮想通貨ウォレットはトークンを保管する単なる場所ではなく、仮想通貨を追跡、検証できる場所でもあります。

仮想通貨ウォレットは、公開鍵と秘密鍵で構成されています。これらのキーにより、ブロックチェーンネットワーク内での資産を利用できます。

以下は利用できるウォレットの種類です:

モバイルウォレット-モバイルウォレットは、仮想通貨に使用できる最もアクセスしやすいストレージです。スマホまたはインターネットに接続できる任意のデバイスからこれをダウンロードできます。ただし、このウォレットはハッカー攻撃に対する保護が弱いです。仮想通貨をすべてこのウォレットに保管することは、お勧めしません。モバイルウォレットは、請求書払いや商品の購入などの快速取引にのみ適しています。

ハードウォレット-コールドストレージとも呼ばれるハードウォレットは、仮想通貨を保管したいユーザーにとって最適な選択です。通常、ハードウォレットはUSBスティックの形であり、どのデバイスにも接続できます。2段階認証プロセスとPINパスワードを請求することで、セキュリティーを強化できます。

大量の仮想通貨に投資したい場合は、このウォレットを選択したほうがいい。インターネットに接続されていないため、サイバー攻撃に対する保護は強いです。

知っておくべきトップの仮想通貨

ビットコインが導入された後、さまざまな仮想通貨が市場に浮かび上がっています。過去数年にわたり、多くのデジタル資産が利用可能になり、ユーザーと投資家に彼らの資産を管理させるために新しい方法を提供してきました。トップの仮想通貨について知っておくべきこと

ビットコイン-世に出た初めての仮想通貨として、ビットコインはスケーラビリティと時価総額の点で最も使用され、信頼できるコインであると言われています。しばしば「仮想通貨の王」と呼ばれるビットコインは、市場で最も流動性の高いものの一つです。

ライトコイン-ビットコインのゴールドに対して、シルバーとしても知られるLTCは、チャーリーリーの発案によるものです。ライトコインは、取引時間の遅さなど、ビットコインの小さな問題を修正することを目指しています。ライトコインは他の通貨に比べて時価総額が小さいですが、仮想通貨ユーザーの賞美を得られる安定な性能を持っています。

イーサリアム-イーサリアムは、ヴィタリック・ブテリンによって発明されたデジタル通貨です。他の仮想資産とは異なり、イーサリアムはスマートコントラクトの実行に使用され、開発者はイーサリアムブロックチェーンを使用して分散型アプリケーションまたは「Dapps」を作成できます。用途が広いため、さまざまな業界の投資家はイーサリアムに注力しています。

さらに、時価総額と仮想通貨の分野における有用性の点から言えば、イーサリアムはビットコインに次ぐものとして知られています。

トロン-トロンは、市場で潜在性のあるもう1つの仮想トークンです。Justin Sun氏によって発明されたTRXはERC-20コインであり、コンテンツがコンテンツの使用に対してクリエイターに支払うことに使われます。TRXなら、サードパーティのプラットフォームによって請求される高額な手数料が不要です。

リップル-時価総額と流動性の点から見れば、リップルはトップ3になります。他の仮想通貨とは異なり、リップルの仕組みは少し異なります。このデジタル通貨は、銀行とユーザーがシームレスな取引を行えるデジタルビレッジを作成することを目指しています。これは、XRapid、XVia、XCurrentなどのソリューションを通じて実現できます。

今は仮想通貨の仕組みを理解したので、エキサイティングでスリリングなデジタル資産の世界に投資を始めましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です