etf banner

米国証券取引委員会は、トークン化されたETFを促進して仮想通貨を規制することを計画している

米国証券取引委員会(SEC)のジェイ・クレイトン会長は、パネルディスカッションで、市場に出回っている仮想通貨製品を規制し、トークン化された上場投資信託(ETF)を促進する計画について言及しました。

仮想通貨は長年にわたって人気を集めて、ビジネスマンが手間のかからない取引を行える最も便利なプラットフォームの1つになっています。需要が高まっているため、世界中の多くの国が、今後数年間で効率的な仮想通貨を活用する機会を発見しました。

「アメリカのコインイノベーションとデジタル資産の規制」と呼ばれるデジタルコマース商工会議所のイベントで、SECのジェイ・クレイトン会長はパネルディスカッションで規制の現状について話しました。彼は、「SECはいつかETFの暗号化バージョンを許可する規制に積極的に取り組んでいる」と述べました。

また、この組織がプロセスを強化するために国内の他の機関と提携していると述べました。商品先物取引委員会(CFTC)、通貨監督庁(OCC)、およびその他の米国の規制当局に関わっています。それらは互いに協力して、どの当局が当該する暗号製品の管轄を処理するかを決定します。

会長はまた、任命された規制当局は追加したトークンの用途に依存し、「私たちの扉は大きく開かれています。効率を高めてETF製品をトークン化する方法を示したい場合は、お会いしたく、それを促進したいと思います。もちろん、それを登録して、他のETFでほかの事を行うこともできます。」と話しました。

トークン化により、株式やその他の資金源などの証券を表すことができる法的資産の形式として仮想通貨を利用できます。一方、Wisdom InvestmentsのCEOのジョナサン・スタインバーグ氏は、トークン化された投資を促進することは、「ETFよりも優れた機会」であると述べました。フランクリン・テンプルトン・インベストメンツでさえ、従来のトークン化された株式に関して、前年からSECに政府系ファンドを提出したことを共有しました。

デジタルガジェットの使用は最近の傾向であり、デジタル手段を介して取引を実行するため、クレイトン会長は、資金を取引するための別のプラットフォームとして仮想通貨を使用することが簡単であると述べました。「これらすべてがトークン化されることは非常に素晴らしいことでしたが、原則に確実に準拠しなければなりません。」と述べました。

良いニュースにもかかわらず、彼はまた、履行の最初に確かに困難を経験し、「直面している問題の1つは、このイノベーションで間違った方向に突入したことでした。今、3年後、4年後、はるかに良い場所にいると望んでいます。」」と話しました。

彼はまた、パネルディスカッションの中で、ブルックスと「セキュリティ」という言葉を効率的に説明する方法を検討していると述べました。「実体は人々に利益を提供しないことで、ネットワークに資金を提供することを計画している場合、それがセキュリティのすべてではない。」と彼は話しました。しかしながら、セキュリティと言うと、「トークンを使用してネットワークの構築に資金を調達しようとしている場合、またはトークンを活用してネットワークを使用することで人々に利益を提供しようとしている場合、それは一種のセキュリティです。」と彼は明言しました。

詳細については、当社のWebサイトにアクセスし、最新かつ最もホットな仮想通貨のニュースと仮想通貨の更新をご覧ください。今すぐCryptoShimbunに訪問しましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です