smart contracts

スマートコントラクトとその複雑さを理解する

仮想通貨の世界の継続的な進歩は、人々がこれまで見たことのない革新的な技術に道を開きました。これには、ユニークな仮想通貨だけでなく、画期的なブロックチェーン技術も含まれています。

興味深いことに、ブロックチェーンにはスマートコントラクトと呼ばれるもう一つの魅力的な機能があり、仮想通貨市場以外でもさまざまな業界から注目されています。スマートコントラクトとは何か、どのように機能するのか、Cryptoshimbunで詳細をご覧ください。

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトとは、2者間の取引における条件をコードで起草する自己実行型の契約のことです。米国のコンピュータ科学者であるニック・サボ氏は、スマートコントラクトを「契約条件を実行するコンピュータ化された取引プロトコル」と定義しました。1994年に発表された論文では、POS(ポイント・オブ・セールス)などの電子取引をデジタル化することを目的としていました。

スマートコントラクトの歴史を振り返る

法学者であり、デジタル通貨の基礎を築いた暗号学者として知られるニック・サボ氏が、スマートコントラクトのアイデアを初めて紹介したのは1994年のことでした。しかし、この時期にはデジタルプラットフォームや強力な分散型台帳技術が存在しなかったため、多くの人の注目を集めることはできませんでした。その結果、本格的に活用されるようになったのは2008年になってからです。

2008年に謎の人物、サトシ・ナカモトがビットコイン(BTC)と革新的なブロックチェーン技術を生み出したことは、デジタル金融の分野に変化をもたらし、多くの可能性の扉を開いたのです。ブロックチェーンの改良とBTCなどの仮想通貨の人気により、スマートコントラクトのアイデアが繁栄する道が開かれました。

その結果、現在ではイーサリアム、ハイパーレジャー、Cordaなどの様々なプラットフォームで使用されています。それ以外にも、現在は仮想通貨の取引やその他のビジネス関連など、さまざまな形で応用されています。

ブロックチェーンにおけるスマートコントラクトの仕組み

すべてのスマートコントラクトは、ブロックチェーン上のコードに起草された「if/when and then」文で構成されています。当該契約の中には、取引が適切に完了するために両当事者を満足させる必要がある様々な条件が記載されています。これらの条件を設定するためには、まず双方が自分たちのデータをブロックチェーン上でどのように表示させたいかを選択しなければなりません。

さらに、プロセス全体の主な基礎となる「if/when and then」の条項に同意しなければなりません。これには、自分たちのケースで考えられるすべての例外を記述することや、万が一、紛争が起こった場合の一定の枠組みを定義することも含まれます。その後、開発者がスマートコントラクトを作成します。

取引の条件が満たされ、検証されると、コンピュータのネットワークが必要なアクションを実行します。これは、指定された参加者への資金の放出、通知の送信、車両の登録など、さまざまなものがあります。

なお、取引が完了してブロックチェーンに追加されると、その内容を変更することはできなくなり、許可された関係者のみが取引の詳細や結果を見ることができますのでご注意ください。

スマートコントラクト利用のメリット

スマートコントラクトを使うと、以下のようなメリットがあります。

迅速かつ効率的である

スマートコントラクトはデジタルで自動化されているため、すべての条件が満たされるとすぐに契約が実行されます。スマートコントラクトは他の取引と異なり、書類作成や長時間のエラーチェックがないため、最も時間をかけずに利用できます。そのため、迅速かつ効率的な取引を行いたい人に適しています。

透明性が高い

スマートコントラクトを使ったある取引の重要な記録は、すべて参加者の間で共有されます。そのため、当事者が個人的な利益のために契約内容を変更したかどうかを疑う余地がありません。

安全性が高い

スマートコントラクトを利用した取引を含むブロックチェーン取引は暗号化されており、処理されたデータは誰も見ることができません。そのため、ハッキングや改ざんが困難であり、高い安全性が確保されています。さらに、ブロックチェーン上で公開されている記録は、取引が完了した時点ですでに不変のものとなっています。

仲介者の必要性を排除できる

スマートコントラクトは、従来のものと比較して、取引を処理する際の仲介者の必要性を排除します。これにより、ビジネスプロセスの遅延を減らし、コストを削減し、生産性を向上させることができます。

スマートコントラクトはどのような場面で使われるのでしょうか?

スマートコントラクトのおかげで、あらゆる種類の取引がより簡単に、より便利に処理できるようになりました。これにより、時間を無駄にすることなく、より効率的でスピーディーな処理が可能になります。ここでは、スマートコントラクトのさまざまな用途をご紹介します。   

仮想通貨の取引

仮想通貨を売買する際には、スマートコントラクトを使って簡単に取引を完了することができます。これは通常イーサリアムブロックチェーンに見られる機能で、ユーザーが場所を問わずオンラインでさまざまな人と取引することを容易にします。

薬物の輸送

スマートコントラクトを活用することで、医療分野などの大規模な産業では、サプライチェーンの透明性を高めることができます。これは、医薬品の輸送がシステムで徹底的にチェックされ、異なる関係者間でいつでも簡単に検証できることを意味します。

この例として、IBM Blockchain Transparent Supplyによって温度管理されたさまざまな医薬品を追跡するブロックチェーンベースのプラットフォームであるPharma Portalがあります。

小売業者とサプライヤーの信頼関係の向上

スマートコントラクトは透明性が高いため、小売業者とサプライヤーの両方が利用することができます。これは、双方が意見の相違をリアルタイムで迅速に解決し、サプライチェーンで起きているすべてのことの可視性を向上させるための最新の手段です。その結果、両者のビジネス関係は改善され、生産性のレベルも大きく向上します。

国際貿易

スマートコントラクトの最大の特徴は、完全にデジタル化されているため、オンラインで物を売買する際に国境を越えた取引が容易になることです。また、標準的なルールを使用しているため、取引の理解が容易で、迅速に完了することができます。また、スマートコントラクトは、他の方法に比べてより安全な方法です。

スマートコントラクトを賢く使おう!

スマートコントラクトには、信頼性の高いセキュリティや効率性など、さまざまな特典があり、その素晴らしい可能性を証明しています。これは現在の革新的なアイデアであるだけでなく、長い目で見ればあなたにも大きな利益をもたらします。今すぐ、特に重要な取引にスマートコントラクトを活用して、迅速で手間のかからない体験をしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です