Coinbase direct payroll

給料のダイレクト入金がまもなくCoinbaseで開始される

米国最大級の仮想通貨取引所であるCoinbaseは、先日、ユーザーが給与の一部を直接オンライン口座に入金できる新機能をプラットフォームに搭載しました。

Coinbaseの公式サイトに掲載されたブログ記事の中で、同取引所は「給与支払いの未来に突入する」という計画を発表しました。この機能により、雇用者は仮想通貨を含むことができる代替的な給与支払いの選択肢を得ることができます。

Coinbaseは、ダイレクト入金によって、顧客がクリプト・ファーストの金融サービスに簡単にアクセスできるようになると述べています。ダイレクト入金機能により、ユーザーは追加手数料なしで、自分のお金を不換通貨または暗号資産のいずれかで保有する力を得ることができます。

「Fortress Investment Group、M31 Capital、Nansen、SuperRare Labsなど、多くの企業と提携し、クリエイター経済や金融サービス全体の従業員が、未来の給与支払いに参入できるようにしました」と、CoinbaseのシニアディレクターであるPrakash Hariramani氏はプレスリリースで述べています。

現在のターゲットは、ソーシャルメディア界を席巻している「クリエイター・エコノミー」の労働者です。この機能は、銀行口座からCoinbaseの残高にフィアット通貨を送金するのに時間がかかり、不便だという顧客の声を受けて開発されました。

CNBCの報道によると、Coinbaseは、FDIC(連邦預金保険公社)に加盟している銀行パートナーを直接入金サービスに利用すると言われています。どの銀行機関と提携するかはまだ発表されていません。ただし、同社はMetaBankと提携して、顧客にリワードカードサービスを提供しています。 

Coinbase:「完全なコントロールを維持する」

CoinDeskの最近の報道によると、米国を拠点とする取引所は、仮想通貨ベースの金融サービスのワンストップショップを構築しています。これは、Coinbaseのプロダクト担当副社長であるMax Branzburg氏が発表した声明に沿ったものです。

「当社の目標は、誰もが仮想通貨の力でお金をもっと活用できるようにすることです。給料を仮想通貨で受け取ることから、資産の利回りを上げること、仮想通貨を使うことなど、すべてを1つのアカウントから行うことができます」とブランズバーグ氏は付け加えています。

この機能により、ユーザーは特定の企業の給与システムに応じて、Coinbaseアプリを通じて直接支払いを作成・変更することができます。その後、取引所が給与の自動分配を設定し、まだ開始されていない手動での入金を提供します。

Coinbaseによると、このサービスは「数週間後」に開始される予定です。具体的な内容は、最終的な日程についてはまだ同社から開示されていません。

直接入金機能に加えて、Coinbaseは同社のVisaデビットカード会員が仮想通貨報酬を獲得できるようにします。これは、Coinbase Visaを持っているユーザーが、同カードを使ってドル建てで支出することで、手数料なしで仮想通貨を獲得できることを、別の発表で明らかにしたものです。今後数ヶ月の間に、どのように支払いが促進されるかについて、さらなる発表が行われる予定です。Cryptoshimbunでは、Coinbaseに関する仮想通貨の最新情報をお届けしています!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です