binance france banner image main

フランス、Binanceの登録申請を認める

BinanceのChangpeng Zhao最高経営責任者は、フランスの市場規制当局である金融市場庁(AMF)が去る2022年5月4日に取引所をデジタルサービスプロバイダー(DASP)として登録したと発表しました。

最新の仮想通貨ニュースでは、フランスは、Binanceがその管轄内で活動することを許可する最初のヨーロッパの主要国となりました。さらに、同取引所は、同国でDASPとして認可された最初の仮想通貨プラットフォームとなりました。

Binanceは、グローバル市場で最大の仮想通貨取引所の1つと考えられています。CNBCが作成したレポートによると、執筆時点で1日140億米ドル以上の取引量を処理することができます。

しかし、この取引所は過去にヨーロッパを含む世界の様々な地域で規制のハードルに直面したことがあります。政府当局が、この取引所と仮想通貨の取引に伴うリスクについて消費者に警告するまでに至ったのです。

ドイツ、イタリア、イギリスを含む国際的な規制当局は、Binanceが彼らの管轄内でライセンスなしに運営されていると非難しました。さらに、オランダ中央銀行も、同取引所が自国であるオランダでサービスを提供するために必要な法的登録が不足していると述べました。

にもかかわらず、フランスの規制当局は、近隣のヨーロッパ諸国との躊躇の中で、取引所をDASPとして登録することを押し通し、それを行う最初の国となりました。

この動きにより、Binanceは、フランス国民にブロックチェーンの技術を教育するという新たな段階へ進むことができたと、同取引所のフランス人ゼネラルマネージャーDavid Prinçay氏は述べています。

さらにPrinçay氏は、Binanceは現在、フランスに地域本部を開設するために、フランス市場規制当局の正式なライセンスを求めているとも述べています。同取引所はこれまで正式な本部がなく、この事実を誇りに思っていました。しかし規制当局の反発が、取引所の流れを変えたのです。

Prinçay氏以外にも、Zhao氏は4月にCNBCの取材に対し、フランスのパリに欧州本部を設立する計画を立てていると語りました。

「彼らとの交流の中で、彼らの理解ははるかに進んでおり、その姿勢も先進的だ」とZhao氏はCNBCに語っています。

また、「フランスは非常に厳しい規制当局だ。しかし、彼らはそれに見合うだけの高度な理解を持っている」とも付け加えました。

このほか、Zhao氏はフランスに1億ユーロを投資し、ヴェルサイユ宮殿の修復プロジェクトに200万ユーロを助成することも約束しました。

Cryptoshimbunを閲覧して、Binanceに関するより多くの仮想通貨の最新情報を入手しましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。