alameda takes wrapped bitcoin off ftx us exchange banner

仮想通貨の嵐の渦中にあるAlameda、3700万ドル相当のラップビットコインをFTX US取引所から引き離す。

ブロックチェーン時代の預金流出に苦しんでいるように見える仮想通貨取引所FTXの姉妹会社である苦境のトレーディング会社Alameda Researchは、水曜日にFTX US仮想通貨取引所からビットコインの派生物の一種、ラップドビットコイン(wBTC)を約3700万ドル相当出金しました。

トークン移動の動機が何であるかは不明であり、その金額は同社の保有資産のほんの一部であると思われます。最近の仮想通貨市場の暴落前、6月に、同社のバランスシートには少なくとも146億ドルの資産が含まれていました。

しかし、イーサリアムのブロックチェーン上のトランザクションデータで見ることができる撤退の観察は、財政を整理するために舞台裏で奔走する問題を抱えた会社の一端を垣間見せてくれます。仮想通貨市場のアナリストは、取引会社が債権者からの要求を満たそうとする一方で、流動性を探しているのではないかと推測しています。

仮想通貨情報プラットフォームArkham Intelligenceのイーサリアムブロックチェーンデータに基づき、Alamedaに関連するウォレットは仮想通貨取引所FTX USから数分以内に4つの別々の取引で2262wBTCを引き出しました。

その後、「Wrapped Bitcoin: Controller」と書かれたアドレスに5000万ドル相当の3000wBTCトークンを送っています。

FTX USでのWBTCの取引量は過去24時間で約1万ドルで、誰かがこのトークンを大量に売るとすれば、取引所には市場の深さがないことを意味します。

FTX USの広報担当者はコメントを控えました。Alamedaは問い合わせにすぐには応じませんでした。

FTX USはアメリカのユーザーのための米国ベースのエンティティで、仮想通貨取引所FTXとは別ですが、かつての億万長者サム・バンクマン・フリード氏の仮想通貨帝国の一部であることに変わりはありません。

FTXは、ユーザーが自分の仮想通貨を引き出すために殺到した後、火曜日にユーザーの引き出しを停止しました。ライバルのBinance取引所はFTXに救済の申し出をしましたが、今は取引から手を引いていると伝えられています。

FTXの大規模なマーケットメーカーであるAlameda Researchは、流動性を求めて奔走し、大きな圧力にさらされています。同社のウェブサイトは暗転し、最近、一般市民とのコミュニケーションはありません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です