luno exchange banner

Luno取引所:初心者に最適なトレーディングプラットフォーム

仮想通貨の人気が着実に高まるにつれ、ますます多くの仮想通貨取引所が登場し始めています。それぞれが、仮想通貨トレーダーや投資家を魅了する特別な機能を提供しています。現在、特に初心者の間で人気が高まっているプラットフォームの1つがLunoです。この仮想通貨取引所について、Cryptoshimbunでお読みください!

Lunoとは?

2013年にBitXとして立ち上げられ、2016年にリブランドしたLunoは、仮想通貨が普及する前に開設された先駆的な仮想通貨取引所の一つです。Luno APIやLuno Storeなどの新しい技術のおかげで、このプラットフォームはユーザーベースに関して着実に成長しました。

Luno取引所がの発足初期、そのプラットフォームで利用できる通貨はビットコインとイーサリアムだけでした。数年後、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルなどの他のアルトコインを含めるようになりました。現在、Lunoは30以上の取引ペアをサポートしています。

Luno取引所を選ぶ理由は?

初心者の仮想通貨トレーダーに最適なLunoプラットフォームの特徴を以下でご確認ください。

外出先でも取引可能

Luno取引所は、コンピューターからウェブサイトにアクセスすることができ、さらにモバイルアプリをダウンロードすることで、24時間365日、外出先でも取引を行うことができます。また、LunoモバイルアプリはiOSとAndroidの両方に対応しているため、ユーザーにとって互換性は問題になりません。

初心者に優しいユーザーインターフェース

Lunoのスムーズなユーザーインターフェースは、仮想通貨取引の仕組みに関する基本的な知識があれば簡単に理解できるため、圧倒的なグラフや情報を提示されても対処する必要はありません。

主要仮想通貨へのアクセス

Lunoは、市場に出回っている何百ものアルトコインによる複雑さを排除し、プラットフォームを簡単にナビゲートできるようにすることに重点を置いています。Lunoで利用できる仮想通貨の選択肢は限られていますが、以下のような主要な暗号資産に対応しています。

  • ビットコイン (BTC)
  • イーサリアム (ETH)
  • ライトコイン (LTC)
  • ビットコインキャッシュ (BCH)
  • リップル (XRP)
  • USDコイン (USDC)

最大限のセキュリティ

Luno取引所は高度に保護されており、お客様だけがお客様の資産にアクセスできることを保証しています。これは、ウォレットが数層の暗号化によるマルチシグネチャ保護を可能にするディープフリーズストレージの助けによるものです。

また、KYC(顧客熟知)ポリシーを採用し、プラットフォームとユーザーの安全性を確保しています。ただし、Lunoはまだ規制当局のライセンスを取得していないため、Lunoが資金を失った場合、ユーザーは保険に加入できないことに注意してください。

内蔵ウォレットを提供

Lunoは、自分の仮想通貨を直接保存できるウォレットを提供しており、プラットフォームと外部ウォレットの間で資産を行き来する必要がありません。 

Luno取引所が提供するサービス

Lunoの主なサービスは、その取引所プラットフォームとウォレットの2つです。しかし、その他の機能により、単なる取引所プラットフォーム以上のものとなっており、初心者トレーダーが仮想通貨の知識やポートフォリオを拡大する機会を多く提供しています。以下でそれらをチェックしてみましょう。

Luno Savings

Lunoのウォレットで使用できるLuno Savingsを使って、受動的な収入を得ることができます。これは、Lunoがパートナー取引所に貸し出すビットコインに投資することで機能します。貸し出しの過程で得られた収益はすべてお客様に還元されます。 

Luno API

Luno APIは、開発者がビットコインとイーサリアムを使って、現在および過去の仮想通貨市場データにアクセスし、カスタムアプリケーションの構築やプラットフォーム内での支払いの統合に使用することを可能にします。

Luno学習ポータル

Lunoの学習ポータルでは、取引所プラットフォームの仕組みや、ここで取引できる仮想通貨の背景など、多くの情報を提供しています。学習ポータルで提供されるガイドは短くても非常に有益であり、ビデオ形式でも利用可能です。

Luno Store

Luno Storeには6つの外部マーチャントがあり、ハードウェアウォレット、ギフトカード、その他のサービスなどの製品を購入することができます。マーチャントは以下の通りです。

  • Bitrefill: Bitrefillではギフトカードの購入や携帯電話料金の支払いをビットコインやその他の仮想通貨で行うことができます。
  • Bitbox: Bitbox: プロモコードLUNO5を使用すると、Lunoの内蔵ウォレットを使用しない場合に使用できるハードウェアウォレットである Bitbox を割引価格で購入できます。
  • SunExchange: SunExchangeはビットコインで太陽電池を購入できるストアです。
  • Moon: MoonはAmazonのようなサイトで、仮想通貨を使って買い物ができます。
  • BitGive: BitGiveは世界初のビットコインによる非営利慈善事業です。 
  • Ledger: Ledgerは1,000以上の暗号資産を保存・管理できるハードウェアウォレットです。

Luno取引所で利用開始するには

ユーザーとしてLuno取引所を利用したいとお考えの方は、以下をお読みください。

サインアップの方法

Luno取引所のアカウントを作成する方法を以下に示します。

  1. Lunoのホームページの右上にある「サインアップ」ボタンをクリックします。
  2. 電子メールアドレスを入力するか、FacebookやGoogleのアカウントに接続します。
  3. 固有のパスワードを作成します。
  4. あなたの電話番号を入力してください。LunoはSMSメッセージであなたに固有のコードを送ります。
  5. コードをプラットフォームに入力すると、Lunoからアカウントを確認するためのリンクを含む確認メールが届きます。

国別の入出金手数料

入出金手数料は、お住まいの地域やお支払い方法によって異なります。詳細は以下の表をご覧ください。 

入金手数料出金手数料
オーストラリア$50以上である限りは無料$50以上である限りは無料
ヨーロッパ無料€0.30
インドネシア無料RP 15,000
マレーシアRM 100以上である限りは無料RM 0.10
ナイジェリアN/AN/A
シンガポール無料無料
南アフリカ入金方法に応じて異なるEFTに関しては無料、エクスプレス出金については追加でR 20
ウガンダ無料USh 2,000
英国無料無料

入出金手数料以外にも、Lunoには取引手数料、受取手数料、送信手数料などがあり、お客様の居住地、支払方法、使用する通貨によって異なります。

仮想通貨購入方法

新規の仮想通貨トレーダーの方は、下記の最初の仮想通貨の購入方法をご確認ください。

  1. 銀行振込またはデビットカード/クレジットカードで入金し、購入したい仮想通貨を選択します。
  2. 購入ボタンをクリックすると、購入したいコインの量を入力する画面が表示されます。
  3. 最終価格を確認して、注文を確定します。手数料はお住まいの国によって異なりますので、Lunoの入出金手数料ページでお支払い金額をご確認ください。
  4. コインがお客様のLuno Walletに表示されます。

Luno取引所で仮想通貨取引の旅を始めよう

上記のすべての機能により、Lunoが単なる仮想通貨取引プラットフォームではないことは明らかです。また、Lunoは仮想通貨取引の内と外について学ぶことができる場所でもあり、初心者には最適な取引プラットフォームとなっています。

上記の内容が気に入ったら、今すぐLunoでアカウントを作成して、仮想通貨取引の旅を始めましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です