burgerking banenr image

バーガーキングとRobinhoodが提携し、仮想通貨を無料で提供

人気のファストフード店「バーガーキング」は、仮想通貨プラットフォーム「Robinhood」と提携し、顧客に無料の仮想通貨を報酬として提供しています。バーガーキングのロイヤル・パークス・ロイヤリティ・プログラムによって実現したもので、参加者には、生成されたランダムな賞品に応じて、無料でビットコイン、イーサリアム、ドージコインを獲得するチャンスが与えられます。

幸運な当選者には、20ビットコイン(117万米ドル)、200イーサ(80万米ドル)、200万ドージコイン(472,000米ドル)を獲得するチャンスがあります。これらの賞品は、完全にランダムな当選者に与えられ、全体の賞品プールから取り出されます。本プロモーションは、11月1日から11月21日まで、または仮想通貨が枯渇するまで有効です。

ロイヤリティプログラムの会員の方は、5ドル以上のお買い物をすると、特別プロモの対象となります。バーガーキングアプリにアクセスすると、賞品コードが発行され、メールでも送信されます。

賞品コードは、Robinhoodでのみご利用いただけます。そのため、参加者は無料コインを受け取るために、仮想通貨プラットフォームにアカウントを作成する必要があります。一方、Robinhoodの既存ユーザーは、2つ目のアカウントを作成する必要はありません。

バーガーキング社の北米地域におけるデジタル・ゲスト・エクスペリエンス担当副社長のマリア・ポサダ氏が発表した声明の中で、今回の提携について、正しい方向への一歩であると語っています。同氏は、今回の提携について、「食事を通じて仮想通貨を利用しやすい形で提供するという点で、自然な流れです」と述べています。

バーガーキングのロイヤリティプログラムは、「クラウン」を集めてファストフードの無料アイテムを獲得するというアイデアに基づいています。本稿執筆時点では、誰が仮想通貨賞品を獲得したかについての最新情報はありません。

ファーストフードチェーンとRobinhoodの最新のパートナーシップは、仮想通貨を主流の投資にするためのもう一つのステップです。しかし、バーガーキングがデジタル資産を扱うのはこれが初めてではありません。

ドイツとベネズエラにあるバーガーキングの支店の一部は、過去に支払い方法として仮想通貨を受け入れています。ファーストフードチェーンは、ロシアで「WhopperCoin」というデジタル通貨を立ち上げたこともあります。

Cryptoshimbunでは、最新の仮想通貨ニュースや更新情報をお届けします! 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です