xrp banner news

証券取引委員会の訴訟に直面し、取引所は組成銘柄リストからXRPを削除

大手取引所であるBitstamp、Binance.US、Coinbase、OKCoinは、証券取引委員会が同社の共同創設者のブラッド・ガーリングハウス氏とChris Larsen氏に対して訴訟を起こした後、仮想通貨のリストからリップルのトークンであるXRPを削除すると発表しました。OSL、Beaxy、CrossTowerなどの小規模な取引所プラットフォームはすぐに措置を取り、利用可能なサービスからXRP取引を削除したことにしました。

北京を拠点とする仮想通貨取引と世界最大の暗号取引プラットフォームであるOKCoinは2020年12月28日に、1月4日からXRPに関連する取引サービスを一時停止すると発表しました。投稿が公開された翌日に、XRPのすべてのXRPスポットと証拠金取引、ならびに預金は利用不能になりました。

米国最大の取引所であるCoinbaseは、最高法務責任者のPaul Grewal氏が公開したブログ投稿で、1月19日からグローバルXRP取引も一時停止すると発表しました。日付は必要に応じて早めに変更できますが、ウォレットにXRPが保管されているお客様は資金にアクセスできなくなる心配はなく、発表の影響を受けないから。

Bitsampはまた、米国の取引先はSECの法的措置を受けた後にXRP取引を取り込まないと発表しました。もう一つの米国を拠点とする取引所プラットフォームであるBittrexは、2020年12月29日に、すべてのXRP関連業務を1月15日からプラットフォームから削除する予定。影響を受けるトレーディングペアは、USD/XRP、ETH/XRP、USDT/XRP、BTX/XRPにかかわっています。

Binance.USとeToroも最近次々に、2020年1月13日と1月3日にXRP取引を除外・停止することを実施しました。発表の後に、米国に拠点を置く投資会社も、XRP資産を清算しています。デジタル資産投資ファンドであるグレイスケールは、推定577万米ドル相当のXRPを清算しました。

SECの発表から24時間以内、XRPの価格は24%下落しました。2020年12月23日の0.35米ドルから執筆時点では0.23米ドルにも下落しました。

世界中の取引所プラットフォームにおける発表は、SECが2020年12月22日にリップル、CEOのブラッド・ガーリングハウス氏と共同創設者のクリスチャンラーセン氏に対して訴訟を提出した直後に公開されました。当該する訴訟は、XRP取引をサポートするためにリップルが少なくとも10の取引プラットフォームに支払ったという申し立てにかかわっています。それ故に、多くの取引所はリップルとの関係を断ち切り、XRPをリストから削除したことにしました。

SECは最近、XRPをリップルによって登録されていないセキュリティ資産として分類しました。その結果、委員会はマンハッタンの連邦裁判所に、同社が2013年以来未登録のデジタル資産証券を投資家に配布しているという申し立てで正式に起訴を起こしました。

そのほかに、ブラッド・ガーリングハウス氏とクリスチャンラーセン氏は、推定総額6億米ドルの個人的なXRP売上を登録しなかったということに訴追されています。ガーリングハウス氏は一連のツイートで対応し、「SECは米国の仮想通貨業界においてBTCとETHを支持することで仮想通貨全体を攻撃することに投票した」と指摘しました。

リップルのCEOは、「彼と会社がブログ投稿で訴追を批判し、取引先が正しい法律に準拠していることを確保する」と説明しました。リップルは数週間以内に訴訟に対する応対を正式に提出する予定であるということです。XRPは現在、時価総額でトップ3の大手仮想通貨であり、合計100億米ドル相当の価値が流通しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。