crypto japan exam banner

金融庁長官、導入前に仮想通貨の審査が必要と語る

日本の金融庁の新長官である中島淳一氏は、去る8月10日、金融ニュースサイト「Bloomberg」とのインタビューで、ビットコイン(BTC)やその他の暗号資産を一般の人々が利用しやすくする前に、まずその長所と短所を検証すべきだと述べました。

中島氏は、BTCやその他の暗号資産は、安価で迅速な取引を可能にするなど、一般の人々にとって大きなメリットがあるが、ほとんどが代わりに投機的な投資に使われていると述べました。金融庁長官は、日本の規制当局がグレースケール・インベストメント社のビットコイン投信(GBTC)のような仮想通貨投信の国内での公開を認めていない理由の一つとして、仮想通貨には基礎となる資産がないことや市場のボラティリティが高いことを挙げています。

そのため、金融庁長官は「一般の人が暗号資産に投資しやすくすることが必要かどうか、慎重に検討する必要がある」と述べています。

中島氏は、明確な暗号規制の確立の必要性に加えて、規制されていない新しい種類のブロックチェーン関連資産を提供する分散型金融(DeFi)企業の増加により、さらなる課題が生じていると述べています。

日本では現在、2018年1月26日に東京の仮想通貨取引所「Coincheck」で発生したハッキング事件の影響で、取引所サイトが営業する前に厳しい要件を満たすことで、暗号取引を制限しています。この事態により、5億2300万NEMの損失が発生しました。

ユーザーのデータ保護を向上させ、マネーロンダリングを防止するために、より厳格なコンプライアンス規制が置かれ、その後、日本の仮想通貨取引所は「かなり厳しい」ビジネス状況に陥ったと中島氏は語る。台湾の新聞「Taipei Times」が昨年8月11日に報じたところによると、登録されている31の取引所が財政的に苦しい状況にあることが判明したという。

日本の暗号産業の低迷を受けて、金融庁は現在、仮想通貨取引所の新たな規制枠組みの策定に取り組んでいる。中島淳一氏は、2017年に取引所サイトの登録要件を中心とした、仮想通貨資産に関する国内初の規制枠組みの作成に参加し、7月に金融庁長官に就任したばかりです。最新の仮想通貨ニュースや最新情報については、Cryptoshimbunでご確認ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です