banner knowlege post banner

インド政府は仮想通貨を禁止していても、新しい税法を課する計画

インド政府は、2021年に国内でのデジタル通貨取引を控えることを目指し、2つの新しい税法を課す計画があることが分かった。国の財務省が発表した報告書によると、これらの税法は4月に課される予定。

その上、インドのアルン・ジェートリー財務相は、仮想通貨が犯罪活動で使用を防止するために、これらの法律が必要であると述べていた。

「政府は仮想通貨を法定通貨またはコインとして認めなく、違法な活動への資金提供または支払いシステムの一部としてこれらの暗号資産の使用を防ぐために、あらゆる措置を講じるべきだ」とジェイトリー財務相は指摘していた。

ただし、ニュースチャンネルCNBC-TV18の報道によると、現在開催中の国家予算に関する議会でこの話題が議論されている。

金融担当部門がデジタル取引を交渉しようとしているにもかかわらず、インド当局はデジタル通貨の禁止をさらに実施している。

なお、現地の報道によると、デジタル通貨取引の為替手数料には2倍の高額の税金が課せられるということがわかった。他には、トレーダーがデジタル通貨取引を通じて収益を獲得する場合、個人所得税も含まれる。

インド財務省の高官は、デジタル通貨は金融プロバイダーとして課税されるべきだと述べた。

ビットコインは、取引ポレットフォームでは、取引などの手数料に対して18%のGST(物品・サービス税)を付与される金融サービスとして分類される。同じことが、デジタル通貨取引から得られる収益ついては所得税の支払い対象となる。

新しい税法に関する新しい発表にもかかわらず、インドのデジタル外貨セクターの将来は依然として不安定であると、匿名のインド財務省高官は述べた。

「所得税またはGSTが取引に課されたからというだけで、取引が合法化するわけではないことを明確にする。取引の課税と合法性は互いに別のこと」とも言った。

デジタル取引を行う個人の所得によると、対応する個人税は30%にもなることがある。

当今、インド政府は、どのようにデジタル外貨資産を税務機能に概説するかについてまだ迷っている。

インドの現地報道によると、これらの法律は現在、4月に終了する現在の課税年度に含めることを期待している。

より多くの仮想通貨のニュースについては、当社のウェブサイトにアクセスし、他の仮想通貨に関する記事を読んでください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です