kazak limit crypto mining image banner

カザフスタン、仮想通貨マイニングでの電力消費を制限

カザフスタンのエネルギー省は、仮想通貨マイニング作業の制限に関する新しい規則を起草しました。これにより、国内の仮想通貨マイナーは、2年間で各取引を1メガワット(MW)に制限することが求められます。また、この草案では、各消費者のデジタルマイニング活動が国内で100MWを超えないように制限しています。

この草案は、新たに任命されたエネルギー大臣Magzum Maratuly Myzagaliev氏によって署名されました。この新規則は、去る10月1日の発表から60日後に発効します。

去る9月30日の政府ブリーフィングで、Myzagaliev氏は、電力消費量の増加について、カザフスタンでの仮想通貨マイニング活動を非難しました。Kazakhstan Todayの報告によると、同国のエネルギー消費量は前年比で7%増加しました。

カザフスタンは、最近仮想通貨禁止令を出した中国に次いで、第2位のビットコインマイニング国です。Cambridge Centre for Alternative Financeが発表したデータによると、この国は世界のハッシュレートの18%を占めています。

ビットコインのマイニングには大量の電力が必要ですが、カザフスタンの電力網は現在、試されています。カザフスタンでは、7月に全停電が発生し、10月15日には石炭発電所の停電が発生しました。

カザフスタンの送電網運営会社であるKEGOC社は、3つの主要な石炭火力発電所が停止したため、一部の消費者への電力供給を制限しなければなりませんでした。

系統運用会社によると、停電の影響を受けたのはGRES-1、GRES-2、Aksuの各発電所です。午後2時頃に始まったこの停電により、推定人口180万人のカザフスタン国民が影響を受けました。

ラジオ・フリー・ヨーロッパ・ラジオ・リバティ(RFE/RL)の報道によると、公共交通機関も停止しました。アルマティの地下鉄は運行を停止し、すべての信号機が停電したため、400人の警察官が交通の緩和と誘導のために配備されました。

「これらの緊急発電所の停止は、ロシアのエネルギーシステムとの境界で許容できない電力偏差をもたらし、州間送電線に過負荷をかけ、システムの誤作動のリスクを生じさせる」とKEGOC社はロイター通信への声明で述べています。

Mirzgaliev氏はまた、仮想通貨マイニング活動は、同国の社会経済活動に大きな影響を与えていないと指摘しています。

エネルギー大臣はブリーフィングで、政府は国内のエネルギー容量の供給に関してこの問題を解決したいと述べました。同氏は、カザフスタンには開発に適した仮想通貨の機会があるが、その一方でKGOCには、特に仮想通貨やデータマイニングセンターの消費量を制限または削減する権利が与えられていると指摘しました。

「マイナー側に対応する電力の需要があるならば、再生可能エネルギーによる新しい発電源を建設することで満たすことができます」とMirzgaliev氏は付け加えています。

エネルギー危機に対する提案は、考えられるすべてのリスクを中和するために動き出している。エネルギー大臣によると、政府は今後5年間で新しい発電所を建設し、約3,000メガワットを発電する予定です。

カザフスタンの仮想通貨の最新情報については、こちらのCryptoshimbunでご確認ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。