technisys works with okcoin banner image

テクニシスがOKCoin社と協力して仮想通貨銀行サービスを拡大

デジタル・バンキング・テクノロジーを提供するTechnisysは、11月4日(木)、仮想通貨取引所Okcoinと協力して、伝統的な銀行が顧客に仮想通貨サービスを拡大することを支援することをウェブサイトで発表しました。この動きにより、金融機関は顧客体験の向上と収益の確保が可能になります。

Technisys社のCEOであるMike Santos氏は、この新たな決定についてコメントしています。同氏の声明によると、同社はデジタル資産の需要が高まるにつれ、より柔軟なサービスを提供することを目指しています。

「消費者の行動が変化し、ビットコインの普及が進む中、テクニシスはデジタルバンキングやコアバンキングの顧客が市場の要求に応じて適応し、柔軟に対応できるように支援することを約束します」と述べ、続いて「すべての金融機関がこれらの機能を利用できるようにすることで、次世代のデジタルバンキング・プラットフォームを介して、これまで不可能だった新しい方法での機会と成長をもたらします」と述べています。 

テクニシス社によると、多くの伝統的な銀行は、消費者の間で仮想通貨の導入が継続的に進んでいることに対応するため、新しいソリューションを提供するという課題に直面しています。Okcoinとの提携により、顧客のシームレスな顧客体験を維持しながら、仮想通貨サービスを提供できるようになります。

OkcoinのCEOであるHong Fang氏は、「Okcoinは、世界中の誰もが簡単に暗号投資にアクセスできるようにするとともに、一流のフィンテック企業と提携してシームレスなユーザー体験を提供することを目指しています」と述べています。また、「Okcoinのお客様が仮想通貨市場に参加するために使用できる次世代のツールを広げるために、Technisysと協力できることを嬉しく思います。また、このパートナーシップを通じて、より多くの方にご利用いただけることを楽しみにしています」と述べています。

テクニシスは、従来の銀行がデジタル・バンキングに移行するための次世代デジタル・バンキング・ソリューションを提供しています。米国やカナダなど16カ国で展開しており、金融機関にシームレスな金融商品を提供しています。テクニシスは、Okcoinとの提携により、新たな仮想通貨プロバイダーをデジタルの選択肢に組み合わせ、銀行が安全・安心を保ちながら顧客のニーズに応えることを可能にします。

一方、Okcoinは、世界190カ国で利用可能な仮想通貨取引所サイトで、数百万人の仮想通貨ユーザーをサポートしています。テクニシス社とOkcoin社のパートナーシップは、テクニシス社の本社があるマイアミ市のフランシス・スアレス市長に、マイアミを新たなイノベーション・ハブにすることを提案しました。

最新の仮想通貨ニュースをお知りになりたい方は、Cryptoshimbunをご覧ください! 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。