SEC chair Gensler holds tight to his crypto position Banner

ゲンスラーSEC委員長、上院での証言のプレビューで仮想通貨への立場を堅持

米国証券取引委員会のゲーリー・ゲンスラー委員長は、9月15日に行われる米国上院銀行・住宅・都市問題委員会の公聴会で「米国証券取引委員会の監視」と題した証言を行う予定です。その講演録が事前に公開されました。

ゲンスラー氏は、証券取引法を資本市場の「金字塔」と呼びました。それらの市場に関する13ページの包括的な議論の中で、暗号市場は脚注を含めて1ページ半ほどを占めました。

ゲンスラー氏は、ほとんどの仮想通貨は証券であるとの考えを改めて示しました。そのため、SECのスタッフに対し、「起業家と直接協力し、トークンを証券として登録し、適切な場合には規制する」よう求めています。さらに、取引所、ブローカーディーラー、カストディ機能を持つものなど、多くの仲介者が証券を扱っており、何らかの形で「SECに登録されるべき」であると続けました。さらに、彼はこうも言っています。

「仮想通貨投資の性質を考えると、既存の開示要件を柔軟に適用することが適切かもしれないと認識しています。」

ゲンスラー氏は、ステーブルコインは「マネー・マーケット・ファンドや他の種類の証券の株式であるかもしれない」とし、したがって登録と規制も必要であると述べました。

ゲンスラー氏は、伝統的な金融会社の暗号空間への参入を認め、彼らは「時間が経過した投資家保護規則を遵守して」参入することに関心があり、公平な競争の場を確保するために、既存の仲介業者も従うべきであると述べた。さらに、セキュリティと非セキュリティの仮想通貨が一緒に取引できる方法を探すようスタッフに指示したと述べました。

ゲンスラー氏は、「仮想通貨仲介者はいつかSECと商品先物取引委員会(CFTC)の両方に登録する必要があるかもしれない」と指摘し、すでに二重登録者が存在することを明らかにしました。

ゲンスラー氏の証言は当初、9月14日に予定されていましたが、翌日に変更されました。ゲンスラー氏は、CFTC議長Rostin Behnam氏と仮想通貨業界の複数の代表者が上院農業委員会でデジタル商品と消費者保護法案について話すのとほぼ同じ時間に演説を行う予定です。その法案は、SECとの関係でCFTCに有利とみられています。

ゲンスラー氏は、暗号資産規制に対する同庁の無益なアプローチと、業界参加者に対する対策の欠如の両方について繰り返し批判されています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。