英国の銀行TSB、仮想通貨関連のサイバー犯罪を厳しく取り締まる

6月19日に発行された英国紙「Telegraph」の報道によると、Trustee Savings Bank(TSB)は、今週から仮想通貨取引プラットフォームの「過度に高い」詐欺率から顧客を守るため、540万人以上の顧客に仮想通貨の購入を禁止する準備を進めているという。

TSBは、Monzo Bank、Starling Bank、Barclays Plcに続き、仮想通貨に関連するサイバー犯罪を取り締まる最新の英国の銀行です。

The Times UKによると、後者のプラットフォームで3月15日から4月15日の間に発生した詐欺により、849人のTSBユーザーが資金を失ったと報告したため、TSBはKrakenやBinanceなどの仮想通貨取引プラットフォームへの現金の送金を一切禁止することになりました。

事件後、TSBは、これらのプラットフォームは「低いセキュリティ水準」であるため、詐欺行為の被害を受けやすいと宣言しました。

TSBは、6月15日に投稿したツイートの中で、ハッシュタグ「#ThinkTwiceThinkFraud」とともに、「crypto won’t always take you to the moon」という短いビデオクリップを通じて、投資家に仮想通貨に対する警告を発しました。TSBは、このショートクリップとともに、仮想通貨投資アドバイザーを名乗る人には特に注意を払うようユーザーにアドバイスしています。

英国タイムズ紙の報道によると、TSBは、前述の取引所プラットフォームは投資家にとってより安全な環境を作ることができず、銀行が協力しようと努力しても「ほとんど役に立たない」とさえ述べています。

バイナンスはこの主張に反論し、タイムズ紙の報道で「バイナンスはユーザーを詐欺から守る責任を非常に真剣に考えている。このような主張に気付いた時には、直ちに行動を起こし、法執行機関と協力してきた素晴らしい実績があります。」と述べています。

また、Krakenは、6月19日にThe Sunday Timesとのインタビューを通じて、この告発に反論しました。同取引所のコンプライアンス・オフィサーであるスティーブン・クリスティは、クラーケンは2020年だけでも法執行機関からの1,000種類を超える要求に対応しており、当局に完全に準拠して運営されていることを証明していると述べています。

今回のTSBの動きは、英国の規制機関である金融行動監視機構(FCA)が昨年6月3日にウェブサイト上で、「仮想通貨に投資する人のほとんどは、投資に関する警告や助言に注意を払っていない」と述べてから、わずか数日後のことでした。

FCAが6月17日に行った調査によると、仮想通貨に対する認知度は高まったものの、仮想通貨投資に関する様々な規制上の警告を認識している投資家は10人に1人しかいません。

仮想通貨に関するあらゆる情報は、Cryptoshimbunで確認いただけます。また、仮想通貨分野の最新のイベントについては、こちらをご覧ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です