banner market charts

仮想通貨チャートとその見方

仮想通貨取引と投資の世界を探求したい場合、仮想通貨チャートとその見方を理解することは重要です。最初は目処が立たないかもしれませんが、慣れると、データを簡単にチェックしたり、情報に基づいた意思決定を迅速に下したりことができます。

快速に入門させるために、仮想通貨の広大な世界に取り込む前に知っておくべきのコアコンセプトをご覧ください。

市場分析のタイプ

ファンダメンタル分析とテクニカル分析という二つの方法を利用して、市場を分析し、情報に基づいた取引決定を下すことができます。

ファンダメンタル分析

この種の分析方法では、全体像を中心にし、チャート以外の要素を考慮します。この場合、特に経済と金融分野における世界の最近の出来事を参考しています。

テクニカル分析

ファンダメンタル分析とは対照的に、テクニカル分析は、過去のパフォーマンスなどの情報を含む、チャートによって提供される情報のみに当てにします。基本的なアイディアは、過去のデータにより、市場の今後の動向を分析し、投資家がこれらの情報に基づいた意思決定を下すことにに役立つということです。

ダウ理論とその「6つの基本原則」を理解する

ダウ理論は、仮想通貨チャートを読んで理解するための基礎です。すべてのトレーダーが「6つの基本原則」に精通する必要があります。ダウ理論の基本的な概念を理解すると、チャートが変動する方法と理由を理解できるでしょう。

1. 主に3種類の変動が市場で活躍

ダウ理論によると、市場は同時に3つの異なる方式で変動しています。これらの動きは、市場が資産にどのように影響を与えるかを理解するための鍵です。

  • 主な変動1年未満から数年まで続く長期的な見通し
  • ミディアム変動10日から3か月で発生する価格変動にかかわる
  • 短期変動数時間から1か月までの価格をカウントするマイナーと最短の変動。

2. 市場のトレンドには3つのフェーズがある

主要なトレンドは、順番に発生する3つのフェーズに分けられます:

  • 蓄積フェーズ少数の博識の投資家だけが資産を売買する際に発生する
  • 吸収フェーズ市場は初期投資家に追いつき、トレンドに従い始める。投機が始まり、より多くの人々が購入し、価格が上昇する
  • 流通フェーズ博識の投資家が持ち株を市場に売り始め、価格と出来高が下がる。

3. すべてのニュースが市場に影響を与える

世界中のすべての分野におけるニュースは、市場の変動に影響を与えます。ポジティブなニュースであろうとネガティブなニュースであろうと、チャートは市場参与者の反応を即座に反映します。

4. 平均株価はお互いに確認する必要がある

関連資産の市場も同じ動向を持っているはずです。たとえば、農業市場の供給が足りなく、需要が高まる場合、価格は上昇し、チャートは上昇トレンドを示します。

5. 取引量がトレンドを確認する

市場は、市場参与者からの需要と供給によって推進されています。価格シグナルを認識する際のもう1つの重要な要素は、取引または取引量です。上昇トレンドでは、購入する人が増えると、取引量も増加します。その結果、価格が上昇します。

下落トレンドでは、市場への参与者が少なくなり、取引量が減少し、価格が下落します。

6. トレンドは無くなるまで存在している

トレンドがいつ終了するかについては誰も分からなく、通過するまで明らかにします。大きな市場の騒ぎがあっても、これはトレンドが終了したかどうかを判断することはできません。

日本のローソク足チャート

japan candle stick chart

さまざまなタイプのチャートがありますが、日本のローソク足チャートは最も人気です。折れ線グラフに線があり、棒グラフに棒がある場合、日本のローソク足チャートにはデータを表すローソク足があると意味します。

ローソク足は棒に似ていますが、上部と下部にある2本の突き出た線はこの二つものの区別です。他のタイプのチャートと比べて、ローソク足チャートは簡素化した方法でより多くのデータを表示します。それぞれローソク足は、特定の時間における資産の価格がどのように表現するかを示します。

通常のチャートと同様に、ローソク足は緑と赤で現します。ローソク足が緑色の場合は価格が上昇することを意味し、ローソク足が赤色の場合は1日にわたって価格が全体的に下落することを意味します。

それぞれローソク足は高さが異なり、価格の変動を示しています。スティックの下端は始値を表し、上端は終値を表します。両端の間が実体であり、2つの価格の違いを表示します。

スティックから突き出ている線は「影(かげ)」と呼ばれ、「高値」「安値」を表しています。

テクニカル指標

取引プラットフォームでチャートをチェックする場合、必要な情報を入手することに役立つテクニカル指標があります。好ましい取引所のサイトの設定をクリックして、チャートの表示方法をカスタマイズできます。

相対力指数

相対力指数(RSI)は、現在の価格を以前のパフォーマンスと比べることで、価格の動向を推測します。閲覧している資産が買われ過ぎか売られ過ぎかを表示します。

以下はRSIの式です:

RSI = 100-(100(1-RS))RSは資産の価格が上昇・下落した平均日数を表します。0〜100の数字をRSI指標として利用できます。数が70以上の場合は、資産の価格が下落するトレンドがあることを意味します。数が30以下の場合、価格が上昇するトレンドを示します。

支持線と抵抗線

支持線は、資産が再び上昇する前に数回下落した最低価格です。反対に、抵抗線は、資産が下落する前に達した最高価格です。

これらの二つのレベルは、トレーダーが資産を売買して利益を生み出す2つのポイントを表しています。上昇または下落トレンドとは反対的に、支持線と抵抗線はチャートで水平線で現します。

単一の移動平均線

もう1つの指標は単一の移動平均線であり、以前のデータポイントの平均値を取得することにより、チャートの簡素化したビューを作成します。選択ずみ取引所のサイトのインジケータータブをクリックすると、この線を簡単にチェックすることはできます。

ボリンジャー・バンド

ボリンジャーバンドは、単一の移動平均線と組み合わせて、資産の価格の変動を示します。それらは、単一の移動平均線の上下の標準偏差線で現します。バンドが厚ければ厚いほど変動が大きくなり、薄ければ薄いほど変動が小さくなります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です